iQOS(アイコス)

iQOS(アイコス)が故障した!まさかの保証期間外!交換保証は?

愛用するiQOS(アイコス)がついに故障して使えなくなってしまった際、保証期間外だった場合の対処方法についてまとめておきました。
こちらのページでは

  • 保証期間外に故障した場合の対処方法
  • 保証も受けられずあきらめるしかないときの新型アイコスの購入方法

についてまとめておきました。
主に旧型アイコス購入後、保証期間を過ぎてしまった段階で交渉した方が対象となります。(製品登録済み1年、未登録6ヶ月)

アイコスが保証期間外に故障した場合は修理・交換保証を受けられません

旧型アイコス、新型アイコスともに保証期間外に故障した場合、例外で保証をうけることができるのかどうかアイコスカスタマーセンターに連絡して確認をいたしました。
結果、保証期間外に故障した場合は一切保証できないとのことでした。

一部ネットで語られる保証対象外アイコスの噂についても聞いてみました。

ネットで保証期間外でも「レシートがあれば保証してくれた」とか「故意に壊したとかでなければ保証してくれる」はたまた「一切の保証は受けられず新しいアイコスを進められた」などいろいろ憶測が飛び交っています。
なのでカスタマーセンターの方に確認をとってみました。

故意の破損ではなく回路等の故障の場合でも保証は受けられません

保証受けられません。故意・過失にかかわらず期間内に2回までなら交換保証を受けられますが、期間を超えると保証対象外となります。

レシートを持いても保証期間を超えたアイコスは保障を受けられません

購入時のレシートを持っていても、保証期間外の場合、保証を受けられません。レシートを持っていくと大丈夫という噂は明確な購入日の確認のためとのことでした。

保証対象外の故障アイコス対処方法は必ず有償修理できるわけじゃない

故障したアイコスが保証対象外だった場合、そのまま旧型アイコスを使用したい場合は有償のパーツ交換ができるということを紹介しているブログなどがありますがカスタマーセンターに連絡に確認したところ有償交換も修理も行っていないとの回答でした。

ネットで飛び交っている噂はことごとく打ち砕かれてしまいました。現実はシビアです。
よって次のような結論にいたりました。

保証対象外アイコスの対処の結論

保証期間外のアイコスが故障してしまった際は新しいアイコスを購入する必要があります。

アイコスストアで新しいアイコスを購入するには最短でも一週間必要

しかし、ここで問題がでます。新しいアイコスを単品購入しようにも、アイコスストア購入するには運よく最短で予約ができたとしても最低1週間は購入できません。
一般の購入者と同じようにアイコスストアで予約をしたうえで、受け取り日の受け取り時間に予約したアイコスストアへ受け取りに行く必要があります。
その間はアイコスを吸えないのですが、ここであえてアイコスストアで購入する必要はなく、今は通販販売店で新型アイコスを定価で購入できるようになっています

アイコス通販販売店なら最短で明日には自宅に商品が届きます

販売店によって価格は違うのですが、私が毎日こちらのページで新型アイコスの最安値ランキングの一覧を更新しています。
定価で購入できる販売店を日々ピックアップして紹介していますので参考にしてみてください。
早めに更新しておけば明日の夕方にはおそらく自宅にアイコスが届きますよ。
アイコス通販販売店最安値ランキングページ(毎日更新)

アイコスで多い故障について振り返り

iQOSは煙草を加熱する事によって紙巻タバコにはない味わいを楽しめる製品です。
しかし加熱には電気を使うなど、タバコと違って故障する部分も多く実際に故障してしまったという人も多くいます。
そこでここではiQOSが故障した際にどのようにしたらよいか解説していきます。

アイコスで多い不具合

iQOSに多い不具合というのは大きく2種類でホルダーの故障かチャージャーの故障です。
チャージャーの故障で多いのが

  •  蓋が閉まらない
  •  本体のLEDライトが赤、もしく赤が点灯する

という物です

蓋が閉まらないというのは本体の爪が悪くなっているという事が多く、これは即時交換になります。
本体のLEDライトは

  1. 「緑=正常」
  2. 「オレンジ=喫煙終了」
  3. 「赤=要充電。電池切れ間近」
  4. 「消滅=電源が入っていない。電池切れ」

となっています。そして故障の危険性がある場合は「赤色の点滅」となります。

点灯した場合はリセットしましょう

赤色の点滅が起きた場合まず「再起動」と「リセット」を行いましょう。
まずはチャージ側の電源のオンオフを行います。
その上で結果が出なかった場合
電源の上にあると自動加熱クリーニングボタンと電源を同時押ししてリセットを行います。
それでも治らない場合は交換となります。

交換するための方法

保証期間内で意図的な破壊、破損でなければ交換してもらえます。
iQOSの交換はカスターマーセンターに電話、もしくはメールで問い合わせたうえでカスタマーセンター側の指示に従って行います。
保証期間は基本的には半年、現在はキャンペーン中で二週間以内に製品登録を行えば一年に延長となっています。
交換回数の規定は公開されていませんが、一定の数字はあるとされています。

保証期間外の場合

保証期間外の製品は交換の対象になりません。
有償修理も行っていないので買い替えとなります。

蓋が閉じない場合はバンドで止める手も

クリーニングの際に加熱部分を破損するなど、自分でやってしまったトラブルでも保証期間中で一般的な範囲であれば対応して貰えるのですが、保証期間外だと一切対応して貰えません。
しかしiQOSの蓋が閉まらなくなる、壊れやすいという評価は意外と対応策もいくつか対応策も考えられています。
その中で一番手早いのが「ゴムバントなどで止める」という物です。
専用のゴムバントも非公式品ですが販売されており、わざわざ追加で買いなおすよりもこちらを選ぶという人が多いようです。
また赤ライトの点滅など一部の故障については保証期間外でも対応して貰えるというコメントもネット上でよく見かけるので、まず一度カスタマーセンターに連絡する事をお勧めします。

カスタマーセンターの電話番号

0120-190-517
営業時間 8:00~22:00 (不定休)
用意するのはアイコス本体(製品番号)で大丈夫です。
事前に会員登録をしておきましょう。

-iQOS(アイコス)
-

Copyright© ekan-kyo , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.